梅雨到来!? メダカビオトープに雨対策が必要な理由と対策

How to Aquarium

皆さんこんにちは! 黒田です。
最近はうま娘が再燃してきまして・・・
いえ、決してブログの存在を忘れていた訳ではないのです。

今週は週頭から雨模様でしたね。
あったかくなってきてメダカビオトープを始めたはいいが
雨対策が出来ていないあいだに梅雨が見え隠れ・・・

そうならないように今回は・・・
雨対策の必要性と対策方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

メダカビオトープに雨対策が必要な3つの理由

ビオトープって雨対策必要なの??
池で雨対策なんてねーじゃん!
ブック〇フなのに本ねーじゃん!

そんなあなたにご説明します(^^)/

  1. 水温が下がってしまう
  2. 水質が変化してしまう
  3. メダカが消えてしまう!?

こちらの三本です~
来週も見てくださいね!

じゃんけんポンッ! 

デュフフフフフ・・・



①水温が下がってしまう

夏本番だとビオトープも夏の日差しで水温が上がります。
メダカや水生植物も水温と気温上昇で活性が上がって
かなり元気になって素晴らしい季節ですね!

だがしかし! 
夏に訪れるゲリラ豪雨など・・・
この雨は日差しに照らされた水との温度差があるのです。

急激な温度変化はメダカはもちろん生体にとっては
とてつもなくよろしくないのです。

病気にかかりやすくなったり、最悪☆になってしまいます。
なので雨にひたすらさらされるような場合は対策が必要です!

②水質が変化してしまう

先程は水温の急激な変化が大変なことをお伝えしました。
もう一つ急激な変化が良くないものがあります。

It’s SUISHITSU!!!
(水質の英単語がわからなかった←)

具体的にいうなれば、私が子供の頃に流行った??
『酸性雨』というもの。 

”大気汚染物質である窒素酸化物や硫黄酸化物が溶け込んだ、強い酸性の雨”
とのことです。←

小学生の頃理科で習った(pH)が水質管理の1つの指標。
水質が酸性に傾くとこちらもやはりよろしくないです。
メダカは比較的水質変化には強いですが、
どちらかといえばアルカリ性の方が好みです。

そんな訳で水質の急激な変化にも注意しましょう。


③メダカが消えてしまう!?

It’s a Magic!!!
(これはわかった←)

なんとも奇々怪々。。。
大雨の翌日、10匹いたはずのメダカたちが
何故か8匹しか見当たらない・・・?

一体彼らはどこへ消えたのだろうか・・・

そんな経験はございませんか??
そして足元を見るとそこには干物になったメダカが!!!

恐ロシア・・・

大雨により水嵩が増してしまい、
睡蓮鉢の淵からとぅるんとなってしまいます。
①と②はまぁすぐに☆になってしまうということはないですが
この③はひとたまりもありません。
これは対策しなくては!!!!


スポンサーリンク

梅雨時期は要注意! 大雨対策3選(+1)

雨対策は先程の紹介でおわかりいただけだだろうか・・・
(ホラー調)

今度は対策について考えてみましょう!

  1. 置き場所を変更する
  2. 屋根を取り付ける
  3. -1オーバーフロー機能をつける
    -2毛細管現象を活用する

こちらの3つで対策しましょうか!
(`・ω・´)シャキーン


①置き場所を変更する

とっても簡単! 単純明快!!
家の軒下など雨が入りにくい場所へ移動しましよう。

私も軒下に並べております。
ただ、注意したいのは雨も防ぐが太陽光も防ぐ!!
というのはせっかく外でやっているのに勿体ない!

置き場所はしっかり確認しましょうね!

しかし、上記の写真の右にあるトロ舟ビオトープのように
大きなものだとそもそも持てないので他の対策が必要ですね。
その場合は次の方法を試してみましょう(´・ω・`)


②屋根を取り付ける

Factory Outlet,Free Shipping Fast Delivery – jp.cheapsales2020.com

重くてそもそも持てずに場所が移動できない場合は
ビオトープ自身に屋根を設置しましょう!

屋根に使うものはなんでもいいのですが、
黒田のオススメはこのすだれです! 
雨をしのぐ屋根としても使えるのですが、
直射日光が厳しい場合は日避けとして使うこともできます!

こんな感じにすることで過度な水温上昇を抑えることも。
なんとなく雰囲気も出ますよね! ね!?笑


③-1 オーバーフロー機能をつける

先程の2つは雨水が入り込むのを防ぐ為の対策。
そしてお次はメダカの流出を防ぐ方法のご紹介です。

ある一定の水位までくると自動で排出するシステム!
なんて画期的!! そこに痺れる憧れるぅぅ!!

プラ船や発泡スチロールなど比較的加工が簡単なもの
こういったものを付けておくと大変便利です(`・ω・´)b

加工が出来ないものはどうすれば・・・
そんなあなたには『毛細管現象』を活用することを
ご提案いたします!


③-2 毛細管現象を活用する

写真の右にある入れ物の端に洗濯ばさみがあります。
こちらが毛細管現象を活用した流出防止システムです!

毛細管現象とはなんぞや??
こんな動画があったのでご存知ない方はどうぞ。

不思議な毛細管現象のメカニズム
世界じっくり紀行様の動画をお借りしています。

100均のスポンジマットを垂らしておくだけで、
水面がスポンジにつくと勝手に排水をしてくれる仕組みです。

これなら睡蓮鉢などの加工が難しいものでも簡単に対策できます。
見た目があれなのですが、気にならない方は手軽にできます。
気になる方は・・・ GEXさんの飼育箱やスドーさんの製品を使いましょう!
(最後にリンク貼ってます)


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。
もし、今シーズン初めてビオトープを作ったよ!
という方が居れば是非対策しておきましょう。

足元の干からびたメダカを見る前に
早めの対策をおすすめします笑

梅雨を乗り切り楽しいビオトープを☆
ではでは~^^

左側に切り欠きを作り鉢底ネットを差し込んだオーバーフロー


製品紹介

こちらはオーバーフロー対策がされている飼育箱。
色も黒で色揚げ効果もあり、水量もしっかりとれるので
水質の変化に強いです!

こちらは洗濯ばさみの見た目が気になる方への
毛細管現象活用アイテムです!
シンプルで水景を邪魔しないですね! 
水生植物の陰にでもかけておくとGood!

コメント

タイトルとURLをコピーしました